忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/20 12:44 】 |
聖夜前夜前夜
物凄く短いSSです。
「……何て顔してるのさ」

鏡に向かってそう罵る。
実際、鏡に映ったその顔は酷い物だった。ギュッと寄せられた眉間の皺、キリキリと釣り上がった眉、腹立たしげに毒々しく燃える瞳。100人が見て100人が『ああ、この娘は苛立っている』と一目で気づける。そんな形相。

「明日はパーティだよ?そんな顔で出るつも……」

戒めるようにもう一度呟く。だが、その声にも棘が含まれている事を自覚して沈黙。
目を閉じ、ゆっくりと深呼吸をする。
吸って、吐いて。目を開く。


「……明日はパーティです。それも、クリス様の御誕生日ですよ?」


優しく、ゆっくりと鏡の中の自分に言い聞かせ、ニッコリと微笑む。
大丈夫。笑っている。

そうそう。之で良い。パーティと言うのは、笑顔で参加する物だ。笑って楽しんで、周りも楽しませるべく頑張って、そう、楽しい場にしなくては。一人一人 がそう願い尽力する事で『楽しい空気』は出来上がるのだから。それが敬愛する相手の祝い日であれば、尚の事言うまでもない。
それが普通なのだ。それが正しい在り方なのだ。それを守るのが良い子なのだ。


TPOを弁える。

相手の心情を慮る。

何事も楽しみ堪能する。


口の中でそう唱える。呪文の様に。大切な事なのだから。
この信条を忘れさえしなければ。自分はきっと大丈夫。
大丈夫。

「さ、明日に備えて寝ましょうね。寝不足では足を挫いてしまいます」

無闇に明るい普段通りの口調でそう言う。誰が聞いている訳でも無いが、自分が聞いている。
分かりましたね?思い出しましたね?もう忘れてはいけませんよ?
よろしい。


電気を消して、

布団を被って、

お休みなさい。








……少女は、『本当の神』の発見と邂逅を望む。
その夢が叶うのならば、何と引き換えであっても構わない。
だから、神の写し身たる聖者の生誕は、とても喜ばしい。


喜ばしいが不愉快だ。


全く、2000年以上も昔でなくて、明日生まれてくれれば良かったのに……


そうすれば……
PR
【2006/12/24 14:45 】 | 祝詞 | 突っ込み(0) | トラックバック(0)
<<巫女歓喜 | ホーム | 巫女実験>>
突っ込み
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]