忍者ブログ
  • 2017.03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/23 19:01 】 |
お洒落コフレを求めて:side 茜
サポートに呼んで頂いた依頼、
『お洒落コフレを求めて』での出来事です。


許可が取れたので公開ー。
//////////////////////


赤金茜と言う少女は普段、余りお洒落という物をしない。
その生い立ちから、美を求めると言う事に慣れていない。と言うこともある。
口にこそ出さない物の、己の少し幼い容姿に軽いコンプレックスがある為、どの道弄っても似合わない。と言う思い込みの諦めがあるのもある。
元々歌舞伎者の享楽者で、趣味も微妙にマニアックなものばかりの、所謂『オタク』の一種にカテゴライズされる類の人種だから、と言うのも当然ある。

何にせよ茜にとって、今居る場所、百貨店地下1階の化粧品売り場は。慣れないロケーションである事この上ない訳だ。

『うわー…うわわわ…!あんな所にまで化粧を施すのですね!?』

だから、表向きこそ『玖凪蜜琉に誘ってもらったから来ただけだ』と気取った態度を取っていたものの、その内心は好奇心と不安、居心地の悪さと不思議な高揚感で千路に乱れていた。

「ですから、私はこう言う類にはそんなに興味はですね……ぁ…あああ、あの!クナギ様、あの道具はどの様にして使うのでしょうか!?」

表向きこそ気取った態度を取っていたものの。

「コホン、ともかく、そうですね、クナギ様はやっぱり唇が魅力的な方ですから私としては……はぅ!?かわ…!………あ、いえ、その……随分と可愛い小瓶ですね。之は化粧水入れですか?」

表向きこそ……

「はぁー、香水なのですか!その、どんな香なのでしょう…。え?試供されてるのですか!?わぁーえと、え?其処の紙ですか?何で紙何かに……」

表向き……

「ああ、香が染み付けられてるのですか!でも直ぐに拡散してしまわないのですか?……ぉぉぉ……良い香りが……!」

……まあ!この娘の駄目っぷりは今日に始まった事では無いので、もーどーでも良いとして!!……兎も角、ソッチに意識をやり、コッチに好奇心を疼かせ、ワクワクドキドキと子供の様にハシャイで居た訳である。

それはもう、何時の間にか蜜琉とはぐれている事に長い間気づかなかった位に。

「………あれ?クナ…ギ…様?」

百貨店と言うのは、慣れない者にとっては割と迷い易いロケーションだ。
増してクリスマス前で催事中の売り場ともなれば尚の事。

それでも落ち着いていれば直ぐに合流は可能だったのだろうが……

「お客様、何かお探しですか?」

客商売の百戦錬磨たる店員は、おのぼりさん風情満載でポツネンといる単騎の客を放置したりはしないのだ。

「は、はひ!?いや、いや!いや!!そのですね…!?」

そして茜が又、面白い位に動揺するわけで……
あ、物理的に走って逃げやがった。……リアルコントかあの娘は。

「あ、お客様ー。肌年齢を測定して見ませんか?意外とお肌って──」

しかし多勢に無勢。しかも相手はプロである。

「……ひぃぃぃん!?」

実を言うと、茜と言う少女が人前でこうも素直に情けない顔を晒すのは、これでかなり珍しい………何とも下らなくかつショボいレアリティの発露もあった物だが。


…結果、ようやく蜜琉との合流が叶った時には……。

「あ、いたいた!もう、探したのよぅ茜ちゃん!」

「……はは、あははははーわーいクナギ様だー」

何か幼児退行起こしてませんかこの人。

「ええと、大丈夫?何だか目がグルグル渦巻いてるんだけど…」

「すいません。ちょっと道に迷ってましてーえへへへへへー」

どう見ても大丈夫じゃありません。本当に有難うございました。

「……て言うか茜ちゃん。此処、5階なんだけど……」

最初に言ったが、化粧品売り場は地下一階である。
蜜琉さんてばかなーり本気で心配そうです。……当然か。

「その様子じゃ、買い物も出来てない見たいねぇ…」

「ダイジョーブですよ!丁度素敵な物を見つけたので買いました!!」

反面、茜はドンと堂々と背筋を伸ばし薄い胸を叩いて見せた。
蜜琉の顔が『え?』と言う表情になり、そして直ぐに少し安心した様な、感心したような顔になる。「さっすが転んでもタダじゃ起きないのねぇ!…で、何を 買ったの?」と、嬉しそうに笑顔を輝かせ顔を近づける蜜琉に対し、茜は誇らしげに一つの商品を差し出して見せたのだった。…瞳を渦巻かせたまま。



「ほーら、こんなに立派な長縄!」



「…………………茜ちゃん………」



─── ギャフン ───


//////////////////////










(以下、PLのぶっちゃけ雑感です)






以下、システムメールより抜粋。

●詳しい冒険結果
【成功!】
・参加者:10人
・作成日:2007/11/30
・重傷者:
・死亡者:
・獲得EXP:81
・獲得詠唱銀:163
・獲得詠唱兵器:
名称      :ロープ
種別      :アクセサリー
分類      :ロープ (長さ10mの丈夫なロープです。)
設定      :一般的な形状のロープ。
レベル     :32
修正値     :3/4/1
 それでは、今後ともTW2「シルバーレイン」をよろしくお願いします。 ============================================================


茜さん?

赤金茜さん?

あかがねあかねさーん?

一体何を買ってるのですか貴女は?

百貨店で何でそんなもん入手してるんですか貴女は!?



そんな疑問からついウッカリ吶喊で書いてみました。

と言いますか、この依頼は全く持って、

サポートの分際でしっかり描写して貰ったり何かしまして。

櫻正宗MS様に感謝を。

お洒落系と言うと櫻正宗様ですよねー。

とても貴重なMS様だと思います。


そして勿論、何よりも、

誘ってくださったクナギ様に大感謝です!

有難う御座いました!!
PR
【2007/12/01 00:27 】 | メモ | 突っ込み(0) | トラックバック(0)
<<巫女沈黙 | ホーム | 巫女学生>>
突っ込み
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]